胎児に悪い食材 | 新たな命を授かった妊婦の為の美容と健康に良い様々な食品

胎児に悪い食材

胎児に悪い食事

妊娠中に食べてしまうと赤ちゃんに影響を与える恐れのある食品があります。
生の魚介類は控えるようにしましょう。生牡蠣などの魚介類には「ノロウイルス」が存在します。
ノロウイルスは知名度の高い病気です。近年、耳にすることが多くなりました。
感染力が強く、ひどい吐き気、下痢、腹痛しまいには高熱などの症状がでます。
最近の食用生牡蠣による食中毒は減ってきていると言われていますが、妊娠中は免疫力が低下するので食事の際、食品に不着しているウイルスにより、食中毒になってしまう恐れがあります。
ウイルスは加熱をすることで、死滅します。ですので、妊娠中には生物を控え、十分加熱した物を食べるようにしましょう。
妊娠中はマグロも控えるようにしましょう。マグロは、スーパーなどで簡単に手に入るため食べる機会の多い、食品です。
栄養素も高いですが、マグロに含まれる「メチル水銀」は、赤ちゃんに悪影響を及ぼします。
私たちは食事でメチル水銀を摂取しても、便として体外に排出される仕組みになっています。
しかし、胎児は排便が出来ないため、体外に出すことが出来ないのです。メチル水銀の影響を受けた胎児は産後、神経系の発達が遅れるなどの悪影響が見られるそうです。

馬刺しや牛刺しなど、生肉の食事も妊娠中は控えた方が良いと言われています。
十分の加熱がされていない生肉を口にする祭、気をつけないといけないものが、最近耳にすることの多いウイルス「O-157」「トキソプラズマ」です。
O-157は、ニュースなどでも多く取り上げられ認知度の高いウイルスとして、世間を騒がせました。
食事の際に、O-157を含む生肉を食べてしまうと、下痢や腹痛、嘔吐・血便・発熱などの思い症状が襲います。
毎年、初夏から初秋に向け気温が温かい頃に、繁殖しやすいので、感染症が起きやすくなるため、妊娠中は生肉の食事を避けましょう。
トキソプラズマとは、豚肉やラム肉、猫などの糞などにいつ寄生虫のことをいいます。
免疫力の低い妊婦が、トキソプラズマに感染してしまうと胎児に先天性のトキソプラズマ症という、重い障害を持って生まれる可能性があると言われています。
トキソプラズマ感染者は自覚症状がほとんど無く、リンパ筋が腫れるなどの風邪に似た症状が出る方がいると言われています。