食べ過ぎ注意 | 新たな命を授かった妊婦の為の美容と健康に良い様々な食品

食べ過ぎ注意

食べ過ぎるとダメ

妊娠すると家に居ることが多くなり食事する機会が多くなります。また「胎児のために」とたくさん食べてしまうケースも多いです。
食事する際は、栄養バランスが悪い物や高カロリー、塩分・糖分の多い食べ物を食べ過ぎないようにしましょう。
外で食事をする時、つい揚げ物を多く摂ってしまいがちです。
揚げ物はカロリーも高いので、妊娠中は炒めた物や蒸した物を食べるようにしましょう。
丼ものや麺などの一品物は、主食中心になってしまい、副菜が少ないため栄養バランスが偏ってしまいます。また味付けも濃い目なので塩分も多く含まれているので、一品物の食事は控える様にしまよう。
妊娠中はついつい甘い物を摂取してしまいがちです。洋菓子は、糖分と脂質が多く含まれています。
また、スナック菓子は揚げている物が多いので、高カロリーになっています。
どうしても、甘い物がほしい時には、フルーツや油分の少ない和菓子などを食べましょう。

うどんやそば、味噌汁などのスープ類には、塩分が豊富に含まれているので、飲み過ぎない様にしましょう。
汁物は、少量だけ飲み残す癖をつけましょう。
インスタントやレトルト食品などの味付きのものは手軽に食べられるので便利ですが、カロリーや塩分が多いです。
また、食品添加物も多く使用されていて胎児に影響を及ぼす恐れがあるので、妊娠中は控えましょう。
妊娠にアルコールを大量に摂取した場合、赤ちゃんの発育に悪影響があります。
妊娠中は元気な赤ちゃんを産むため絶対に、禁酒・禁煙を心掛けましょう。